×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪をもっとすきになってほしい!もっともっと大阪弁をひろめたい★
大阪府下は大部分が大阪平野であり、大阪市を中心に人的交流が密であるため、他都道府県と比べて方言差は小さい。河内弁の特異性が注目されやすいが、実際には泉州弁が府下で最も特異性の強い方言である。
文末の省略 (例)これが大阪城でおま。 あんじょうさせてもろてま。 連音・促音 (例)プラッチック(←プラスチック) やーもっさん(←山本さん) 近畿方言全般で見られる特徴だが、特に大阪弁では顕著である。 「だす」 (例)これが大阪城だす。 共通語の「です」、京都の「どす」に相当する表現。「でやす」が江戸末期から明治初期にかけて変化したものとされる。「だぁ」と省略されることもあった。後ろに終助詞が接続すると促音化、撥音化する。 (例)だすか→だっか、だすえ→だっせ、だすやろ→だっしゃろ、だすな→だんな、だすねん→だんねん 「おます」 (例)これが大阪城でおます。 よろしゅ(う)おます。 「ある」の丁寧語。形容詞の連用形(ウ音便)の後ろにもつく。 否定表現 (例)膝は笑えへんやろ。 何で決勝に残れへんねん。 「へん」を用いた否定表現では「a+へん」よりも「e+へん」を多用する。この用法は名古屋弁の否定形に通ずる。 (例)行けへん。 出せへん。(京都弁ではそれぞれ不可能を表す意味になる) ちなみに「e+ん」(つまり「連用形+ん」)では不可能表現となる。 (例)行けん。 出せん。 ただし「構わない」の意味では「e+へん」を多用する人でも「かめへん」より「かまへん」を多用する。 不可能表現では「未然形+れへん」を用いる。京都弁と同様の不可能表現「連用形+へん」ではない理由としては、上記の「e+へん」との同音衝突を避けるためである。しかし、近年は京都弁でも「未然形+れへん」が多く使われるようになっている。 (例)行かれへん。 出されへん。 「もうかりまっか」 「儲かりますか」の転。いかにも金に細かい大阪人らしい表現として喧伝され、大阪弁の代名詞ともいうべき有名なフレーズだが、実際のところ「もうかりまっか」を用いる大阪商人は少なかったといい、「どう(どない)でっか」「負けてはりまっか」「お忙しおまっか」などが一般的な商人の挨拶だったという。ただし「もうかりまっか」の対として有名な「ぼちぼちでんな」(「ぼちぼちですな」の転)については現在も多用される表現である。
船場言葉(せんばことば)は、大阪市船場の商家で用いられた言葉。 江戸時代から近代初期にかけて、船場は日本最大の商業都市大阪の中心地として大いに繁栄し、船場の言葉は商業社会の共通語として広く用いられた。豊臣秀吉が船場を開発した当初は堺から強制移住させられた商人が大半を占めていたが、その後は平野商人、伏見商人らが台頭。江戸時代中期には近江商人が船場へ進出した。このような経緯から、船場言葉は堺の言葉を基盤に各地商人の言葉が混ざり合って成立した。また船場言葉の成立と発達にあたっては、当時最も規範的で上品とされていた京言葉も強い影響を与えている。 つまり、泉州弁の1つである堺弁が土台になった言葉と言える。 商いという職業柄丁寧な言葉遣いが求められたため、独自のまろやかな語感、表現が発達した。話し相手や状況によって語尾を截断したかのように省くものから複雑な変化をする。暖簾を守る船場商人に限っては、経営者一族と従業員の各自へ独特の呼称を固定して用いた。 明治以後、兵庫県芦屋市などに多くの豪商達が移住したこと(阪神間モダニズム)、大阪大空襲や戦後の混乱などで旧来住人が離散したこと、高度経済成長によって商習慣が大きく変化したこと、そして一般大衆が常用しない特殊な社会方言だったことなどが原因となり、今では古典落語の一部などで耳にする他は限られた高齢者にしか残っていない。船場言葉を守り伝えようとする動きもあり、例えば1983年に結成された「なにわことばのつどい」では約200人の会員が活動している[3]。堺市など周辺部の伝統産業が盛んな地域には、船場言葉その物ではないが、船場言葉の元になった言葉遣いが比較的若い世代にも残っていることがある。
できる限り丁寧な表現を用いるように努め、一般の大阪市民が用いた「おます」や「だす」は用いず、「ござります」や「ごわす・ごあす」を多用した。「ごわす」は「ござります」が変化したもので、船場のややくだけた丁寧語として用いた。否定形は「ごわへん」または「ごあへん」。 尊敬語に関しても「なはる」や「はる」は用いずに、原型である「なさる」を多用した。また一般市民の間では「はる」に押されて衰退した「て+断定の助動詞」を用い続けた。
大阪では様々な駄洒落言葉が発達し、現在でも通用するものがいくつかある。
白犬のおいど:面白い(尾も白い)
黒犬のおいど:面白うない(尾も白うない)
牛のおいど:物知り(モーの尻)
うどん屋の釜:言うばかり(湯ぅばかり)
雪隠場の火事:やけくそ(焼け糞)
五合とっくり:一生つまらん(一升詰まらぬ)
蟻が十匹、猿が五匹:ありがとうござる(蟻が十、五猿)
夜明けの行灯:薄ぼんやり

フィクションの世界において、大阪弁は一定のステレオタイプを伴う役割語として描かれることがある。「役割語」の提唱者である金水敏は、フィクション上の大阪弁には以下のステレオタイプがあると述べている。
冗談好き、笑わせ好き、おしゃべり好き
けち、守銭奴、拝金主義者
食通、食いしん坊
派手好き
好色、下品
ど根性
やくざ、暴力団、恐い

漫画やドラマなどで大阪弁を話す登場人物は、これらの特徴を1つか2つ持っていることが多い。例えば『パーマン』に登場する大阪出身の「パーやん」は、拝金主義者として描かれる。 2や4、5は、江戸後期には既に相当完成されていたものである。江戸時代、町人中心の上方は享楽的で現実主義的な考え方が強く、禁欲的で理想主義的な考え方が強い武士中心の江戸とは対照的であった。特に「宵越しの銭は持たぬ」といった気風の江戸っ子にとって、商都大坂の商人達の計算高さが強く印象的に映ったであろうことは容易に考えられる。 1は、近代に急速に発展し人気を集めた漫才に強く影響されたものである。「おしゃべり好き」というステレオタイプは、巧みな話術で商取引を行う上方商人の姿から江戸時代には既にあったが、やはりエンタツ・アチャコ以降のしゃべくり漫才によって固定化された。戦後には、テレビのお笑い番組(『てなもんや三度笠』など)によってより強固なステレオタイプとなった。その同時期、花登筺らによる「商魂もの」ブームが起こり、6が形成された。 最後の7は、戦後になって固定化されたものである。かつては、喧嘩っ早い江戸っ子のべらんめえ口調に比べて大阪の言葉はむしろ柔弱とされていた。それが「暴力」と結びついたのには、1950年代後半から1960年代の今東光の「河内もの」の流行、1960年代後半の関西を舞台とするやくざ映画の流行(『極道シリーズ』など)、1970-80年代に関西で多発した映画さながらの抗争事件やグリコ・森永事件などの凶悪犯罪の多発、などの影響が考えられる。特に70-80年代の抗争や凶悪事件は、新聞やワイドショーを連日賑わし、「関西=恐い・暴力的」のイメージを強く印象付けた。 (wikiから引用)
相互サイト
大人向けの出会い メル友募集掲示板-無料- 熟女出会いサイト 少女の為の家出掲示板 セフレ出会い場 援交掲示板


相互リンク
セフレ募集
メル友
熟女 出会い
家出 掲示板 神待ち
家出少女掲示板 東京
援交掲示板
無料 逆援助
優良出会い出会い
割り切りエッチ
無料の出会い系
sns セフレ